乳がんが切れたのは万事ではありません

乳癌を避けるためには,女性は“乳癌予防”の基本的な知識を持つべきであり,以下ではセルロースを豊富に含む食品を多く摂取し,肥満や体重の増加が乳癌の発生を招く可能性があることを簡単に説明する。普段は動物性脂肪を少なく摂取し,線維性の食物,野菜,果物,穀類,豆類を多く吸収し,さらに身体中で乳癌を引き起こす可能性のあるエストロゲンを減少させ,乳癌の発生率を低下させるべきである。

時間差療法便是針對三個時段特性而提出的食療法,主張在最適當的時候給病人用藥,務求使不同抗頑物發揮出最佳效用。運動の良い習慣を身につけ、医学専門家の統計によると、よく運動する女性は、乳癌になる確率は運動しない女性より30%低い。運動を多くすることは健康に良いだけでなく、乳癌の発生を予防することができます。定期的に乳房検査を行い、年齢が20-40歳の女性は、毎月の生理後1週間以内に乳房自己検査を行うべきである;2年ごとに専門医師が臨床検査或いは乳房撮影術を行う。年齢40?49歳の女性は,毎月定期的に乳房自検を行うほか,年に1回専門的な乳房検査を行った方がよい。年齢50歳以上の女性は,毎月定期的に乳房自検を行い,年に1回の臨床乳房検査とマンモグラフィを行う必要がある。

選擇乳癌標靶治療或化療前,最好先了解患者身體狀況,制定合適方案。女性は乳がんの危険があるとはいえ,以上のことを続けていただければ,乳癌の脅威から離れ,早期発見,早期治療の効果が得られるに違いない。先日開催された“第4回広東乳腺病シンポジウム”で、中山大学孫逸仙記念病院の蘇逢錫教授は、ホルモン受容体陽性乳癌に対して、手術、化学療法、放射線治療は乳癌治療“万里の長征”の第一歩のみを完成させたと提案した。次に5年あるいはそれ以上の内分泌治療は,閉経前後の患者に対して30%-50%の再発転移リスクを減少させ,対側乳癌の発生を有効に予防することができる。

最近退院したばかりの30代乳癌女性患者は,術後1年に乳癌胸膜転移再発が出現し,毎日大量の胸水(約1000 ml)を吸引する必要があった。医師は患者に化学療法を勧めて病状をコントロールしたが,化学療法の夜,重篤な胸骨痛症状が出現して断念しようとした。しかし蘇逢錫教授は、これは薬物の作用の一つの表現であり、患者が必ず堅持しなければならないことを励まし、“この数日でいいです!”と励ました。7日目まで継続したところ,やはり胸部液体貯留は徐々に減少し,3週間未満で胸痛骨痛症状は著明に軽減し,著明に改善した。